こころに触れるうつ病白書

うつ病の人と話をする時は、言ってはいけないNGワードがいくつかあります。NGワードを紹介します。

こころに触れるうつ病白書
トップ > 言ってはいけない言葉

うつ病の人に言ってはいけない事

うつ病の人と話す時や、接し方は少し注意が必要です。

うつ病になった人にしか気持ちを理解する事ができないと言われていますが、気持ちを理解するのは難しくても、言ってはいけないNGワードを知っておくだけでも話す時や接し方に役立ちます。

うつ病の人への禁句は、励ます言葉・叱咤激励の言葉です。

うつ病の人と常に一緒にいると、その人まで気分が滅入ってしまい、うつ病が感染する事もあると言われています。

確かに通常とは異なる思考回路になっているため、常識や今までの当たり前が通用しなくなるので、周囲の人もうんざりする事があります。

こういう時思わず感情的になり、「いい加減にして!」とか「もう疲れた!」などと言わないようにしてください。

余裕がなくなると感情的になり、つい口走ってしまいがちですが、うつ病の人にとってはかなりショックな言葉です。

誰だって好き好んでうつ病になるわけではありませんから、そこのところを理解する事が大切です。

よく言われるのが、うつ病の人には「頑張って」と言ってはいけないという事です。

悪気がなく何気なく言ってしまう言葉ですが、うつ病の人は自分自身をコントロールできなくなっているので、頑張りたくても頑張れません。

周囲からは何もしていないように見えても、うつ病の人はなんとかしよと必死にもがいている状態です。

そこに「頑張れ」と言われると、「頑張りが足りない、お前はダメな人間だ」と言われていると受け取ってしまいます。

励ますつもりで、「いつまでも悩まず前向きに行こう」などと言うのも、うつ病の人に言ってはいけない言葉です。

うつ病の人はなんでもマイナス思考に捉えてしまう傾向があるので、頑張っているのにそれを理解してくれていない、自分の事を責めていると勘違いしてしまいます。

励ましたい時は、きつい言葉は避けて、「ゆっくり自分のペースで」とか、「話したい事があったらいつでも聞くよ」とプレッシャーを与えないようにしてください。

うつ病は内面的な事ですから、見た目はいたって健康に見える事もあります。

うつ病だと聞いてもそう見えない人もいますが、この時「うつ病には思えない」とか、「本当にうつ病なの?」という言葉もNGです。

「うつ病は真面目な人がなりやすいんだってね」、とか「ストレスためすぎなんじゃない?」というのもNGです。

責めているつもりはなくても、責められたように感じるとストレスになり、最悪自殺や自傷行為に走る事があります。

ページのトップへ戻る