こころに触れるうつ病白書

うつ病の人と話をする時には、どのような言葉をかければいいのでしょうか?言ってはいけない事とは?

こころに触れるうつ病白書
トップ > うつ病の人との話し方

うつ病の人との話し方

うつ病の辛さは経験した人にしかわからない部分があります。

うつ病の人と話をする時は、励まそうとして「頑張って」とか「早く治して」と言ってしまいがちですが、自分自身をコントロールできない状態で、励まされるとそれだけでもプレッシャーを与えてしまい、ストレスとなってしまいます。

うつ病の人と話をする時には、いくつかコツがあります。

うつ病の事を短期間で理解しろというのも無理な話ですが、うつ病の知識や理解なしではうまく接する事ができません。

家族や友人なら、支えてあげたいという気持ちも大きいので、周囲の人もうつ病について学び理解を深めようとしますが、単なる同僚や知り合いの場合はなかなかそうも行きません。

うつ病に誤解や偏見を持つ人もいますが、「気合が足りない」とか、「気持ちの問題じゃないの?」というような軽蔑するような発言は避けてください。

うつ病の人には共感する事が大切と言われていますが、無理に共感しようとすると逆効果になるケースがあります。

「あまり深く考えず早く良くなってね」というのは一見相手を気遣っているように思えますが、うつ病の人には逆効果です。

うつ病への理解がないと、怠けているとかサボっていると誤解してしまいます。

「本当にうつ病なの?」とか、「どのくらいで治るの?」これもNGです。

うつ病である事を打ち明けられた時、なにかアドバイスできる事があるかもしれないと、「何故そうなったの?とか、「原因は何?」と言ってしまうと、追い込む事になります。

こう言われてしまうと、うつ病の人と話をする時、接し方がわからず避けてしまいたくなりますが、腫れものに触るような態度や、避けるような接し方もNGです。

無理に理解を示そうとしなくていいので、ただ話を聞いてあげるだけでいいのです。

話を聞いた時は、「話してくれてありがとう」と言ってあげてください。

うつ病の人はマイナス思考に陥りがちですが、話した事を感謝されるだけでも、少しプラス思考になる事ができます。

うつ病の人と話をしていると、支えてあげようとか、助けになってあげたいと思う事があります。

これは素晴らしい事であり、そう思ってくれる人がそばに居る事が、うつ病の人にはプラスに働きますが、素人には対応できる範囲が限られます。

うつ病の人との接し方で注意したいのは、支えてあげたい時気持ちが自分を追い込み周囲の人も影響されてしまいやすい事です。

うつ病は移るとか伝染すると言われる事もあるように、困った時は専門家の助けを借りるのも一つの方法です。

ページのトップへ戻る