こころに触れるうつ病白書

うつ病の人が仕事復帰した場合、職場ではどのように接していけばいいかを見ていきましょう。

こころに触れるうつ病白書
トップ > 復職者との接し方

うつ病から職場復帰した人との接し方

うつ病は治療ができますし、克服すれば仕事復帰もできます。

しかしこれも個人差が大きいため、仕事復帰をしても、即今まで通りの仕事がこなせるようになるとは限りません。

せっかく仕事復帰をしても、そこでつまずいてしまうとまた再発する可能性があります。

うつ病を克服した人が仕事復帰をする場合、職場の人も接し方を知っておくと安心です。

最近はうつ病に対して理解がある会社も増えていますが、実際にはごく一部であり、うつ病を克服していても、偏見の目で見られる事は少なくありません。

勿論偏見の目を持たず、依然と変わらない態度で接してくれる人もいますが、全員がそうというわけではありません。

こちらの記事をご覧ください⇒ 【周りの目はどう?】”うつ”から復職した際に気なる職場の視線 | ライフスタイルのことならキャリアパーク

依然と変わらない接し方をする人もいますが、この記事にもあるとおり、偏見から以前よりも厳しく接する人もいます。

また必要以上に心配しすぎても駄目です。

うつ病の人が仕事復帰をしたら職場の人はどうしたらいいか、接し方を紹介します。

うつ病から復帰した人への接し方

まずどの程度回復しているかにもよりますが、一見元通りでなんの問題もないように見えても、しばらくの間治療に専念していて社会から離れていたという事自体に負い目を感じやすく、うつ病だったという事にも引け目を感じやすくなっています。

復帰してもすぐ元通りとはいきませんので、最初は簡単な仕事から始めるようにします。

これは仕事復帰以前の問題ですが、仕事復帰すると決めたときから、少しずつ生活サイクルを会社モードに変えていきます。

すぐには無理でも、できるだけ規則正しい生活リズムを身につけておくと、仕事復帰にも役立ちます。

仕事復帰を果たしてからは、何もかも元通りにはいきませんので、いきなり責任のある仕事を任せたりせず、最初はコピーや資料を読む、仕事に関する事や雑談でもいいので、人と話をする事からはじめて行きましょう。

可能なら行くなりフルタイムではなく、時短勤務や、出勤を毎日ではなく、一日おきや週に3回などから始めるといいかもしれません。

いきなりノルマを与えてしまうと、それだけでもストレスになります。

接し方は、腫れ物に触るようにする必要はありませんが、うつ病だった事を根掘り葉掘り聞いたり、うつ病を否定したりというネガティブ発言は控えましょう。

「普通」に接するのが一番ですが、頑張ってとか、やれば出来るでしょ?というような言い方も、プレッシャーを与える可能性があるので控えたほうがいいでしょう。

慣れてきても無理はせずに、残業などもしばらくの間は控えたほうがいいかもしれません。

本人がやる気を見せても、無理をすると再発する可能性があります。

できない事があっても怠けているのではなく、まだ順応できないだけと理解も必要です。

周囲の人は迷惑に思う事もあるかもしれませんが、できるだけ優しく接するよう心がけてください。

ページのトップへ戻る