こころに触れるうつ病白書

うつ病の人とLINEでやり取りする時は、いくつかコツがあります。どのように返信すればいいのでしょうか?

こころに触れるうつ病白書
トップ > LINE返信のコツ

LINEの返信のコツ

恋人や友人がうつ病になった時、今までより会う回数は減ってしまいますが、今はLINEという便利なツールがあります。

文字のやり取りもできますし、声を聞きたい時は通話もできます。

しかしうつ病の場合は、便利なツールを使うのも面倒に感じる事があります。

多くの場合、うつ病の人はできるだけ自分に構って欲しくない、そっとしておいて欲しい、放っておいて欲しいと考えます。

しかし、そう言っている一方で、突然寂しくなり、真夜中だろうが朝方だろうが、恋人や友達にLINEを送ってくる事があります。

ここで相手がうつ病とわかっているなら、仕方ないと対応も変わってくるのですが、いくら恋人でも仲がいい友達でも、うつ病を理由に相手に振り回されるのは、苦痛になってしまいます。

でも無視するわけにいかないし、付き合っているとこちらに限界が来てしまいます。

こういう時無茶な事をして相手を振り回すのは、全てうつ病が原因と理解してください。

とはいえ寝る時間もないほど、LINEをするのも無理がありますので、できるだけ相手を傷つけないように、こちらの状況を伝え、明日になったら必ず連絡するからと一旦LINEを終了させましょう。

しかし今までとは考え方も変わってしまうので、恋人や友達に悪気は無いのに、嫌われてしまったと思い込む事があります。

こういう場合は、素人では対処が難しいので、専門家や医師に相談をして、どのように対応したらいいかアドバイスを求めてみましょう。

恋人同士の場合は。何かあるとするに「別れる」と口走ることがあります。

これもうつ病がそうさせているのですが、実際に言われるとうつ病と分かっていてもうまく対処できないものです。

こういう時も専門家のアドバイスが役に立ちます。

LINEの返事が来ない時は、向こうがアクションを起こすまで待ちましょう。

メッセージに苦痛を感じたら、少しだけ距離を置いてみてください。

ただし放置しすぎると、今度はそれが大きな不安になるので、例えば寝ていて返信できなかったとか、仕事で席を外していたからと差し障りのない理由を、少し時間を置いて返しておきましょう。

心にもないことを言うのもうつ病では少なくありません。

いちいち間に受けず、しかし完全に放置をしないで、適度な距離感を保つのがポイントです。

実際にはかなり難しい事ですが、話を聞くだけでも気持ちが軽くなり、安心するのもうつ病の特徴です。

突然返事が来なくなった場合は、こちらの言葉は伝わっていますので、しばらくそっとしておきましょう。

ページのトップへ戻る