こころに触れるうつ病白書

うつ病の人から愚痴を言われた時、付き合うのに苦痛を感じる事があります。こういう時の対処法は?

こころに触れるうつ病白書
トップ > 愚痴を聞くコツ

うつ病の人の愚痴を聞くコツ

うつ病の人との接し方は、話を聞くというのも効果的とされていますが、話を聞いていても愚痴ばかりだと、聞いているこちらまで気が滅入ってしまったり、うんざりしたりします。

こういう時はどう対処したらいいのでしょうか?

共感し理解を示すこと

うつ病の人の接し方は、話を聞く、共感する、理解を示すのがポイントと言われています。

聞き上手になるのもうつ病の人との接し方では重要ですが、毎回愚痴ばかり聞かされていてはいくら心が広い人でも、正直いい気分はしないでしょう。

愚痴をこぼす事で、こぼした方はスッキリしますが、またこの話?と毎回愚痴を聞きながらうんざりするのも相当ストレスになり、精神衛生上よくありません。

愚痴を聞かされた時は、少しだけ見方を変えてみましょう。

うつ病の人は自分自身をコントロールできなくなっているので、それに対して不満や不安を抱えがちです。

自分だって好きでうつ病になったわけじゃないのに、誰も理解してくれないなど、延々と愚痴をこぼしているなら、一度共感する姿勢を見せつつ、「自分がどうしたいのか?」と問いかけてみましょう。

この時うんざりしているのを表に出さず、あくまでも共感しつつ願望を聞くという方向です。

今できること

どうにもならない気持ちを愚痴にこぼしていることも多いので、それを解決するためには何ができるか?というのを、話し合うように持っていくのもいい方法です。

ただし最初は、今まで黙って愚痴を聞いてくれていたのに、突然話の方向を変えてくる事に不満を持つ事もあります。

ここは話し方などもありますが、愚痴を言っている時に話を遮らず、最後まで聞いてから、こちらから問いかけるような方向でもっていく事が大切です。

「何ができる?」と強い言い方ではなく、「どうしたらいい方向に持っていけるかな?」とか、愚痴に対して「どうなりたいと思う?」というように優しく問いかけましょう。

愚痴は思い通りにならない事や、不満がある時にこぼすものです。

うつ病の人は自分自身をコントロールできない状態ですから、普通の状態とは少し違っています。

常識を押し付けるのではなく、「現状を打破するには、どうしたらいいか一緒に考えよう」と共感と理解を示しつつ提案するのがポイントです。

最初は戸惑う事もありますが、考える事で思考回路が切り替わるので、少しずつ考え方も変わってきます。

話や愚痴を聞く時は多少忍耐や根気も必要ですが、今できる事を考えるように導くと意外とうまく進む事があります。

ページのトップへ戻る